スポーツ障害あれこれ

一口にスポーツ障害と言っても、色々なスポーツ障害があります。

全部は書き出せないくらいですが一部をご紹介すると

  • バーナー症候群
  • 頚髄損傷
  • 腕神経叢損傷
  • 肩関節脱臼
  • 鎖骨骨折
  • 腱板損傷
  • 関節唇損傷
  • 野球肘
  • テニス肘
  • 肘脱臼
  • 尺骨神経障害
  • コレス骨折
  • 舟状骨骨折
  • TFCC損傷
  • 突き指
  • 腱鞘炎
  • 腹筋損傷
  • 腰椎分離症
  • 椎間板ヘルニア
  • 剥離骨折
  • 恥骨結合炎
  • 肉離れ
  • 筋挫傷
  • 疲労骨折
  • 内側側副靱帯損傷
  • 前十字靭帯損傷
  • 後十字靭帯損傷
  • 半月板損傷
  • タナ障害
  • 軟骨損傷
  • 鵞足炎
  • オスグッド
  • 離断性骨軟骨炎
  • シンスプリント
  • コンパートメント症候群
  • テニスレッグ
  • アキレス腱炎
  • 足底筋膜炎

などなど多数あります。

 

ここではこの中で当院で対応可能なものをご紹介していこうと思います。

シンスプリント

シンスプリントはスポーツの現場では非常に多くみられる慢性のスポーツ障害です。

【脛骨の内側後縁の下から1/2から1/3の範囲に痛みを有する慢性障害】

と定義されています。

 

下腿三頭筋を覆う筋膜と脛骨の骨膜との連結部付近の損傷がシンスプリントの本態であると思われます。

 

下腿三頭筋の筋膜と脛骨の骨膜の連結は繰り返し張力をうけることで炎症を起こします。

 

具体的にはランニング、ストップと方向転換、切り返し動作などが原因となります。

 

これらの動作の中で問題になるのは土踏まずが下がるような動きです。足のアーチが低い偏平足の選手にシンスプリントが多いのもこの影響だと思われます。

さらに下腿三頭筋が疲労すると柔軟性が低下して筋膜の張力がより高くなって負荷をかけてしまいます。

 

疲労骨折との鑑別が大切

シンスプリントと脛骨の疲労骨折は似た症状のため鑑別が大切です。

痛みの範囲が広く局在しないのがシンスプリントの特徴です。

 

シンスプリントは慢性経過のオーバーユースによる障害なので、基本的には運動による負荷を減らすことが必要です。

下腿三頭筋の張力を減らすためにふくらはぎサポーターを使用するのも一つのやり方です。

足底板も有効な場合があります。

 

当院の整体鍼灸では、下腿三頭筋を緩めるだけでなく

下腿骨間膜、遠位脛腓関節、足関節なども調整していきます。

恥骨結合炎

恥骨結合とは骨盤の前方で両側の骨盤の骨が結合する部分です。

向かい合う骨同士の間で動きが起こる関係を関節、ほとんど動かないように制動されている関係を結合と言います。

 

この本来なら動かないような構造になっている部位に強い力が加わり続けることで怪我に発展します。

制動している繊維組織や、繊維組織に付着している恥骨に損傷が起こるのが恥骨結合炎です。

 

恥骨結合炎が発生しやすい動作は、急停止や方向転換です。

サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールなどが恥骨結合炎をひき起こしやすいといわれています。

 

 

初期には大腿部の付け根や重さや張りを訴えることが多く、恥骨結合そのものの痛みを訴えることは少ないようです。

しかし押すと明らかな圧痛がありますので要注意です。

 

レントゲンやMRIで検査します。

レントゲンでは恥骨の先端に虫食いのような変化が見られます。

MRIの場合は多くの場合、恥骨結合の横に白く見える変化が現れます。

 

恥骨結合炎は鼡径部痛と呼ばれる事もありますが、正確には鼡径部痛を発生させる障害の一つと考えるのが妥当です。

 

恥骨結合炎は内転筋に過緊張が認められますが、内転筋が過緊張する理由は

・外側に重心が流れているから

・骨盤にずれがあり負荷が高くなっている

・片足重心がつよい

など様々な原因が考えられるので

ただ内転筋をゆるめればいいと言うだけではなく

周囲の筋肉をまんべんなくケアしていく必要があります。

コンパートメント症候群

下腿には脛骨と腓骨という2本の骨が存在し、その周りを筋膜に囲まれた筋肉のグループが取り巻く構造になっています。

このため打撲などで内出血を起こしたり疲労などで筋肉が腫れたりすると下腿の内圧が上がってさまざまな症状を起こします。

これをコンパートメント症候群といいます。

急性と慢性がある

コンパートメント症候群には

慢性と急性があり

前方コンパートメントに発生する例がもっとも多くみられます。

 

運動負荷が加わり筋肉が疲労すると、筋肉が腫れて体積が大きくなります。

この状態でさらに運動が続き筋肉の収縮や関節の動きが起こると筋肉の内圧が高くなり、それが筋肉の毛細血管の圧力を超えると血液が毛細血管を流れることが出来なくなるため、筋繊維は血液不足に陥ってしまいます。

 

慢性コンパートメント症候群は、運動した時にコンパートメントの場所に

筋肉痛、特に締め付けられるような痛みが特徴です。

例えると血圧計のマンシェットを長時間巻いて血流を止めた時の痛みを同じです。

運動をやめれば痛みは徐々に軽減しますが、長期化すると足のしびれや知覚の低下、脱力などが現れます。

 

急性コンパートメント症候群では

激しい痛みが起こり、筋肉を動かせないほどの苦痛が発生します。

 

慢性コンパートメント症候群の場合は運動量を制限して、筋肉の疲労を取る事で症状が無くなることを待ちます。

安静のみで改善が難しい場合は足底板を利用することで動作中の筋活動を減らすなどして様子を見ます。

整体や鍼灸の施術も効果的です。

 

慢性化してしまい症状がどうしても取れない場合はコンパートメント内圧を下げるために筋膜切開の手術を行ないます。

 

急性コンパートメント症候群では内圧によって筋繊維の壊死が進むため状態が確定した場合は速やかに筋膜切開を行います。

こうした対応が遅れると筋繊維の壊死が広範囲となり永続的な後遺症が残ってしまいます。

野球肘

原因となるのは投球動作です。投げる時には肘関節が外側へ反るためこれが負担になります。

一連の投球動作でコックアップ期に振り上げた腕が加速期にむかって前方に振り出されるとき肘関節は外側に反ります。つまり投球を行うたびに肘関節は反っているのです。

こうした動作が繰り返されることで関節が障害を発生していきます。

内側型

肘関節の内側には内側上顆という突起があり、この突起の根元に成長軟骨があります。

投球動作で投球動作で肘関節の内側に引っ張られる力が繰り返し加わると軟骨層が裂けて広がる裂離骨折が発生します。

大人の骨格では内側の靱帯の付着部に部分的な断裂が起こります。その結果肘関節の内側が不安定になります。

外側型

肘関節の外側では上腕骨小頭と呼ばれる部分が衝突や圧迫を受けます。

それによって表面の軟骨に傷がつき下層の骨とともに剝がれたり下層の骨が傷ついたりします。

またこうした変化が進行すると関節の中に関節内遊離体(関節ネズミ)という軟骨のかけらができたり上腕骨小頭がつぶれてきたりします。

後方型

肘関節の後方では投球動作の後期に肘が伸ばされさらに伸びきる時に上腕三頭筋に引っ張られたり上腕骨と尺骨の肘頭部分が衝突したりします。これによって肘頭部の損傷が起こるのです。

具体的には肘頭部の成長軟骨が癒合しきらなかったり、癒合後の大人の骨に疲労骨折が生じたりします。

小中学生にはあまり多くなく高校や大学の選手にみられます。

症状について

投げるときに痛みが生じるのが主症状すが、中には痛みを自覚せず、肘関節の腫や可動制限を先に自覚することもあり

また、障害の起きている部位によって現れる症状に違いがあります。

 

内側型で成長軟骨の裂離骨折が起きている場合には、投球動作の途中で急性の激痛を感じるのが普通です。

 

外側型で上腕骨小頭が損傷している場合、変形が起きていると肘関節の可動制が起こります。また、関節内遊離体がでしまうと、これが関節の隙間に引っかり、瞬間的に関節が動かなくなるロッキングという症状が起こることがあります。

 

後方型では、投球動作の最後に、肘頭部に重い痛みを感じることがよくあります。

このタイプは、多くは年長の選手や成人の選手に見られます。

病院では

レントゲンやMRIによって損傷が明らかになります。

ただし、痛みのために病院を訪れる時点で、すでに損傷が進行していることがあります。

 

肘が伸びにくい、腫れがあるなど、普段と異なる状態があれば病院で検査を受けることが早期発見につながります。

予防

投げ過ぎないことが一番の予防です。

 

野球肘の多くの場合、一定期間の投球中止によって自然に回復しますが、骨の変化が強い場合には手術が必要になってしまいます。

 

成長途上の骨格に負担をかけすぎないために投球数の制限、連投禁止など年代に応じて指針が提案されています。

 

投手だけでなく、捕手にも同様の配慮が必要です。

TFCC損傷

TFCCは三角線維軟骨複合体の略称です。

手首の関節の小指側には、尺骨の先端と手の骨との間に、軟骨でできた三角形のクッション組織があります。

これが三角線維軟骨複合体です。

 

名前が長いので、英語名の略称であるTFCCがよく使われています。

TFCCの損傷は、急性のケガとしても発生しますし、慢性的な経過によって起こることもあります。

ラケットスポーツも原因に

急性のケガの場合は、2つのパターンがあります。

1つは、転倒して手を着いたときに、手の小指側に体重の大部分がかかってしまった場合。

もう1つは、他の選手との衝突を手で受け止め、手の小指側に大きな力が加わった場合です。

前者はサッカーをはじめとする多くの球技で、後者はラグピーやアメリカンフットポールで見られます。

 

このような場合には、橈骨と尺骨の間の関節も同時に損傷を受けていることが多いので、痛む部位を確認しておく必要があります。

 

慢性経過で発生する場合には、手首をやや小指側に反らせ、その状態で力を入れるような動作を反復することが原因になります。

テニスなどのラケットスポーツ、チアリーディングなどで見られます。

痛みと物が挟まった感覚

原因となるような動作を行うと、患都が痛んだり、物が挟まっているように感じがします。

急性のケガで発生した場合には、痛みだけでなく、患部の腫れも伴います。

以上のような症状のため、日常生活において、コップを持ったり、ドアのノブを回したりする動作ができなくなることもあります。

*現在制作中です*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加