一生自分の足で歩けるために

歩く。

 

これは人間の基本動作になります。

若い頃は当たり前でそのありがたみに気付いていないことが多いですが、年をとって歩くことに支障が出て来ると、そのありがたみがとてもよくわかります。

健康寿命を長くするために、歩くということをテーマに書いていきますが

 

今回は「足の踵」

をテーマに書いてみたいと思います。

まずは靴底でチェック!減り方でわかるあなたの歪み

まず、自分がどのくらい歪んでいるかチェックしてみましょう。

皆さんが履いている靴を見れば一目瞭然!

あなたの靴の踵の外側だけが大きく減っていたり、逆に内側だけが大きく減ったりしていませんか?

その踵の減りこそが何よりの証拠です。

 

踵の外側だけが減っている場合

その場合は踵が内側に歪んでしまっている状態です。

がに股で歩く癖や、猫背で背中を丸めて歩く癖がついてしまっている方、O脚の方の踵などは内側に歪んでいる可能性があります。

 

踵の内側だけが減っている場合

この場合は踵が外側に歪んでしまっている状態といえます。

内股に歩く癖がついている方や、X脚の方の踵は外側に歪んでいる傾向があります。

外反母趾で悩んでいる方もこのタイプが比較的多いです。

踵が整えば、首・膝・腰の痛みも改善する

歩き方については色々な説がありますが、ここではオーソドックスな歩き方をお伝えします。

 

正しい歩き方は

  • 思っているより歩幅を広く取り大股気味で
  • 踵から地面に接地し、親指の付け根で地面を蹴る
  • 腕を真後ろに引くことを意識して、肩甲骨が動くように腕を振る

という3つのポイントを押さえた歩き方を意識してみて下さい。

 

多くの方は踵が歪んでいるので足元が真っ直ぐになっていないし、そのことに気付いていません。

なので歩くたびに体全体の軸が歪んでいき、筋肉のバランスは崩れ、

無理して使った筋肉が過緊張して、首・肩・腰・膝の痛みに繋がっていきます。

踵の歪みが足腰を弱らせる

いくつになっても自分の足で元気に歩くためには、足腰を鍛えることは大変重要な事になります。

 

・階段の上り下りがつらい

・今までは大丈夫だった坂道も辛くなってきた

・膝が不安で外出をセーブしてしまう

 

年齢を重ねていくと、こういった足腰の衰えを感じる事も多くなってくるのではないでしょうか。

 

こうした足腰の衰えを防ぐ意味でも踵の歪みは関わってきます。

踵の歪みが進むと、足首の可動性が減り、完全に伸ばしたり曲げたりすることが制限されてきます。

すると当然足の安定性や可動性は損なわれていき、歩くたびに痛みやしびれといった症状とつながっていきます。

 

不快な症状があるから歩く量が減る。

歩く量が減るからさらに足腰が弱まる。

 

といった悪循環に陥ってしまうのです。

踵の歪みは日頃の立ち方や歩き方などの生活習慣や筋力の低下などが原因になります。

日頃の姿勢や歩き方をもう一度見直してみましょう。

正しい歩き方を身に付ける

歩くことは人生の基本。いつまでも若々しい健康な体を維持するのに欠かせません。

健康のために万歩計を買って一日一万歩を目指している方も多いと思います。

ですが、あなたの踵が歪んだ状態で歩いているとかえってやり過ぎは体を傷めるきっかけになるかもしれません。

気軽にやれるウォーキングといえど、そのフォームは大切です。

 

正しい歩き方の基本は3つ。

①歩幅を広く取り大股気味に歩く

②かかとから地面に足をつき親指の付け根で地面を蹴り出す

③腕を真後ろに引くことを意識し、振り子ように振って歩く

 

①やや大股で歩くことは大腰筋や腸骨筋などの骨盤の周りの筋肉が使われ骨盤が安定します。

 

②さらに足の親指で地面を蹴る習慣がつくと踵の歪みが減っていき、アキレス腱や足底筋膜、後脛骨筋などの筋力アップにつながります。

 

③腕を大きく振ることで肩甲骨の可動性が増し、猫背などの姿勢改善になることが足への負担も減らしてくれます。

 

もし間違った歩き方を続けていれば、いくら頑張っても効果が得にくいですのでぜひ歩き方チェックはしてみてください。

*現在制作中です*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加