頸椎ヘルニアの手術を出来るだけやりたくない理由とは

頚椎ヘルニアの手術は、避けられるのであれば、避けられた方が賢明です。

なぜならば、ヘルニアを切除するという事は、椎体(頚椎)の一部が無くなってしまう事になります。

手術をすると、神経を刺激しなくなって、症状は楽になる可能性がありますが、もともとの椎体の耐久力が「10」だとしたら、「8」になり、耐久力が弱まってしまうことになります。

ヘルニアが出てしまうという事は、ヘルニアが出るような姿勢・習慣による歪みがあったからです。

ヘルニアを切除し、痛みが楽になってしまうと、ヘルニアが出るような姿勢・習慣は改善されずに日常を過ごしてしまいます。

そうすると耐久力が弱っている椎体に同じような負荷がかかってしまうので、数年後に再度ヘルニアが出てしまう可能性があります。

 

2回目の切除となると、椎体の耐久力が「8」から「6」になってしまいます。

2度手術をした頸椎は凄く狭い椎間になってしまい、これによって神経圧迫を受けている場合は、非常に予後が悪くなってしまいます。

ですので、ヘルニアの手術を行うよりも、まず手術をしない改善法を探して、それでも改善しない場合は手術をするといった選択をされる方が賢明だと当院では考えております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加