頸部椎間関節症候群

頸部椎間関節症候群は、首・肩・頭・上肢のデルマトームに一致しない痛みからなる一連の症状を言います。

椎間関節の状態に原因のある痛みで、片側もしくは両側に起こります。

椎間関節の神経支配は2つの脊椎レベルから受けるため痛みを感じる領域が不明瞭となります。

 

椎間関節症候群の患者様は頸椎周囲の筋肉を深く触診すると痛みを訴え、頸椎の可動域現象も認めます。

頸椎の1番2番の場合は痛みが耳の後ろや後頭部に。

頸椎の2番3番の場合は痛みが前頭部や眼に放散します。

頸椎の3番4番の場合は痛みが後頭骨領域の上方と後側頸部の下方に。

頸椎の4番5番の場合は痛みが首の付け根に。

頸椎の5番6番の場合は痛みが肩と肩甲骨の領域に。

頸椎の6番7番の場合は痛みが棘上窩と棘下窩に放散します。

 

この症状は色々な検査をした結果と病歴や身体所見によって除外診断により導かれます。

病院ではブロック注射などが行われますが、当院では隣合う頸椎が正しい位置に戻っていくことと周囲の靭帯や筋肉が頸椎を正しい位置で支えることが出来るように再教育していくことで回復をはかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加