頚椎椎間板ヘルニアの手術方法

頚椎椎間板ヘルニアの手術方法は数種類あります。

それぞれ入院期間、費用、痛みが完全に取り払えるか、傷跡の大きさなど特徴があります。

手術は出来るだけ行いたくないですが、どうしてもやむを得ない場合は希望にあった手術方法かどうかよく検討して選びましょう。

頚椎椎間板ヘルニアの手術には高い技術が要求されるので、十分検討して選択することをお勧めします。

手術の目的の違い

大きく3つに分けることができます。

1・減圧手術

身体を切開することなく、レーザーなどで椎間板の内圧を減らして、ヘルニアを引っ込める方法です

2・摘出手術

突出した髄核の一部を切除して、圧迫されている神経根の負担を減らす方法です

3・切開手術

痛みの原因となっている椎間板を切開、切除して、患者本人の骨や人工骨を移植して患部を固定する方法です。

【減圧手術】

<メリット>

身体を切開しないので 身体への負荷が少なくすみます。

<デメリット>

高度な技術が必要となります。

しかし中・高度ヘルニアには効果が無いことが多く、自由診療の為、費用が高くなります。

目安は20万円~。場合によっては100万円を超えることもあります。

 

〘PLDD法(Percutaneous Laser Disc Decompression)〙(経皮的レーザー椎間板減圧術)

◯手術方法・・髄核に刺したレーザーファイバーからレーザーを照射して髄核を熱凝固収縮させることで内圧を下げ、ヘルニアを治療します。

◯手術時間・・15分~30分

◯入院日数・・当日日帰りも可能です

◯健康保険・・保険適応外

◯メリット・・軽~中度のヘルニアに有効です。局所麻酔の為、身体への負担が少なく早期社会復帰が可能です。

傷跡も小さいです。

◯デメリット・・健康保険非適応です。中・高度ヘルニアには効果が無い事もあります。

 

〘PECD法(Percutaneous Endoscopic Cervical Discectomy〙(経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術)

◯手術方法・・内視鏡を使用して直接ヘルニアを摘出します。レーザー光線で髄核凹凸を凝縮固定化させます。

◯入院日数・・手術当日入院・手術、翌日退院が可能です

◯健康保険・・保険適応外です

◯メリット・・・大きく切開しないので傷口が小さく身体への負担が少ないです。

首・肩・腕での痛みやしびれが軽減され90%の成績です。10%以下ですが、しびれが残る時もあります。

神経への接触がなく、術後癒着がありません。

痛みの強い大きなヘルニアで、骨棘が顕著でない場合に適応することができます。

◯デメリット・・健康保険非適応です。高度な技術が必要です。

【摘出手術】

<メリット>

保険適応の手術が多いです

<デメリット>

身体への負担が若干大きく、入院期間が長くなる場合があります

 

〘LOVE法(Loveは開発した医師の名前)〙(後方手術、部分椎弓切除による椎間板ヘルニア切除)

◯手術方法・・全身麻酔で、背中側から 5 ~ 6 センチ程切開します。

目視下で腰椎の一部を削り、脊髄神経を圧迫している 髄核 を 切除・摘出 する手術方法です。

◯手術時間・・30 分 ~ 1 時間程度です。

◯入院日数・・リハビリが必要な場合もあり、1~3週間程度です。

◯健康保険・・保険適応です(およそ10万円程度)

◯メリット・・保険適応の為 自己負担が少ないです

◯デメリット・・切開するので身体への負担が大きく、回復に時間がかかります。

また切開部分も大きめなので合併症、後遺症のリスクがあり、入院日数も長めになります。

 

〘Micro Love法〙(顕微鏡視下椎間板ヘルニア切除術)

◯手術方法・・上記LOVE法と同じ手術方法を顕微鏡下で行います

◯入院日数・・10日程度です

◯健康保険・・保険適応です(およそ10万円程度)

◯メリット・・顕微鏡を使用して、視野を拡大して行う為、傷口が小さくてすみます。

その為身体への負担が少なく 入院日数も短くなります。

保険が適応できます。従来のラブ法の技術で行えます。

◯デメリット・・全身麻酔になります

 

〘MED法(MicroEndoscopic Discectomy)〙(内視鏡椎間板切除術)

◯手術方法・・2cmほどを切開し、内視鏡の画像を頼りにはみ出た髄核を切除するものです

◯手術時間・・30分~1時間程度です

◯入院日数・・1~2週間程度です。

◯健康保険・・健康保険適応です。およそ25万程度です。

◯メリット・・傷口が小さく、身体への負担が少ない為、入院も短い期間ですみます。

◯デメリット・・保険適応ですが費用は高めです。高度な医療技術が必要になります。

限られた視野で手術を行う為 ヘルニアの取り残しのリスクがあります。

 

〘MECD法(MicroEndoscopic Cervical Discectom〙(内視鏡下頚椎椎間板摘出術)

◯手術方法・・内視鏡を使用し、治療する新しい手術です

◯入院日数・・4~7日程度です

◯健康保険・・健康保険適用です

◯メリット・・傷跡が2㍉以下で小さく身体への負担が少ない為、早期社会復帰可能です。

術後の頚椎の変形の可能性が低くなります。内視鏡下手術では切開範囲が小さいため可能性が低くなります。

◯デメリット・・非常に高度な医療技術が必要になります。

 

〘PN法(Percutaneous Nucleotomy)〙(経皮的髄核摘出法)

◯手術方法・・局所麻酔で管を刺し込みます。

その管に鉗子を通し X線透視下 ( もしくは MR 透視下 )で確認しながら突出した髄核を摘み出します。

◯手術時間・・30分~1時間程度です

◯入院日数・・日帰りも可能な手術です。0~2日

◯健康保険・・保険適用です

◯メリット・・保険適用で 身体への負担が少なく早期復帰可能です。痛みも少ないです。

◯デメリット・・間接的な方法なので 効果が出ずに追加治療が必要になる場合もあります。

【切開手術】

<メリット>

痛みがなくなる可能性が高いです。重度のヘルニア治療に有効で保険診療が適応されます。

<デメリット>

高度な技術が必要とされます。

 

〘固定術〙

◯手術方法・・全身麻酔を行い、首の前を切開して痛みの原因となる髄核や椎間板を全て切除します。骨盤などから移植した骨や金属金具、人工骨などで椎体間を固定します。

◯手術時間・・2~3時間

◯入院日数・・5~7日 治療期間が長くなる場合もあります。

◯健康保険・・健康保険適応です

◯メリット・・痛みが完全になくなる可能性が高く 効果を実感しやすいです

◯デメリット・・高い医療技術が必要です

 

〘椎弓形成術〙

◯手術方法・・椎弓に切り込みを入れ、狭くなった脊柱管を広げる手術方法です

頚椎椎弓形成術には、正中縦割法、片開き法、椎弓切除法があり、状態にあった方法を選びます。

◯手術時間・・1~2時間程度です

◯入院日数・・1~2週間程度です

◯健康保険・・保険適応ですが高めです(30~40万円程度)

◯メリット・・痛みが完全になるなる可能性が高く 効果が実感しやすいです

◯デメリット・・術技回復に時間がかり、社会復帰まで3~4週間かかる場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加