猫背と頸椎ヘルニア

猫背と頸椎ヘルニアには密接な関係があります。

猫背だと目線は下を向いてしまいます。

そうなると人は前を向くために首を持ちあげる姿勢になります。

この時に頸椎は圧迫されていることになります。

頸椎が圧迫されるという事は椎間板も圧迫され、そこに左右の歪みも長年にわたり積み重なると髄核が飛び出してしまいます。

ですのでまだ頸椎ヘルニアが出ていない人は背筋を伸ばし、良い姿勢を心掛けて下さい。

すでにヘルニアになっている人はストレッチポールなどで曲がった背筋を伸ばしてあげるのが良いです。

ただ痛みが急性期で激しい方はストレッチで無理に治そうとするよりも、安静と治療が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加