追突事故と頸椎ヘルニア

追突事故の衝撃でよく見られるの頚椎の損傷です。

後ろから不意に車に追突された時、身体全体に強い衝撃が突然加えられます。
衝撃の瞬間、身体は先に前へ押し出され、頭は身体に引っ張られるように後からついていきます。

その衝撃は日常生活では経験しない触れ幅になることで、様々な症状をもたらします。

最も多いのは「むち打ち症」
正式名称は「外傷性頚部症候群 頚椎捻挫」です。

むち打ち症はレントゲンなど画像診断では異常が認められず、自覚症状だけが問題になります。

・頭痛 肩こり 背中の痛み
・めまい 吐き気 耳鳴り
・食欲不振
・手足のしびれや振るえ
・脱力感

これら症状は頚椎椎間板ヘルニアと似ている部分が多いですが、ヘルニアは「椎間板の異常」が認められるところで異なります。

つまりレントゲン、MRI、CT検査で椎間板の異常を確認することができた場合は「頚椎椎間板ヘルニア」と診断がつきます。

追突事故で頚椎椎間板ヘルニアがおこるのは、追突の強い衝撃で頚部の筋肉や靭帯が損傷し、その上大きくS字型に揺さぶられることで、頚椎の積み重なりの整合性がくずれ、椎間が圧迫され、ヘルニアになると考えられています。

このように外からの衝撃で椎間板が変形し神経を圧迫することで首、肩 腕 時には足のほうまで痛みやしびれなどの症状がでる場合、外傷が原因の頚椎椎間板ヘルニアと考えられます。

追突事故では頚椎で問題が起こることが多いですが、腰椎でも急激で強い衝撃でヘルニアがおこる場合があります。

腰椎の場合もヘルニアとしての神経的な症状に加えて、外傷に関係あるとするMRI画像検査などが必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

痛みやこりを根本から改善し元気で過ごしたい方は今すぐお電話ください。

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

072-752-8325

メールでのご予約はコチラ

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
2:00〜8:00

※ 木曜・日曜・祝日は休診となります。

アクセス

〒563-0056大阪府池田市栄町8-22 クリスタビル3F

阪急池田駅より徒歩5分・駐車場有り

詳しい道順を見る