オスグット治療

あなたには、こんなお悩みはありませんか?

  • 病院でオスグットは大人になるまで治らないと言われた
  • ベストの練習が出来ず、仲間から置いていかれそうでつらい
  • 練習から帰ると痛がる子供を見るのがつらい
  • 子供に思いっ切り部活をエンジョイして欲しい
  • 整形外科や整骨院で電器治療したけど治らない

部活を辞める必要も、成長が止まるのを待つ必要もありません!お子さんの今しかない時間を無駄にしないよう、一緒にオスグット回復に取り組みましょう!!

オスグットとはどんな膝の状態か、ご存知ですか?

オスグットは成長痛といわれ、大人になるまで治らないと思われていますが、そんなことはありません。

 

成長痛というとまるで骨が伸びる時出る痛みだと思ってしまいそうですが、そうではありません。

 

当院ではオスグットを、太ももの骨が膝から下の骨にきれいに乗っていない状態と定義しています。

正常な膝とオスグットの膝

当院の施術により関節を正常な位置に戻すことでオスグットの痛みから解放されます!

狭くなった関節を広げてスペースを作ると…前方に飛び出していた脛骨が戻ってきます。大腿骨が正常な位置で脛骨の上に乗っていれば、 痛みを出すことはありません。

これによりオスグットの痛みが解消する現実がある以上、オスグットは成長痛ではありません。

もし本当にオスグットが成長痛なら、当院でオスグットの悩みから解放される子がでる筈はないのです。

当院の施術で痛みが改善した子たちです!1回の施術でしゃがめるようになりました!しゃがんでも膝が痛くなくなりました!

当院がオスグットに強い治療院として月刊バスケットボール・月刊バレーボールに掲載されました!

月刊バスケットと月刊バレーボールに掲載されました

日本文化出版 月刊バスケット・月刊バレーボール10月号

 

 

そもそも…なぜ、オスグットの痛みは起こるのか?

膝の関節にバランスよく体重が乗っていると、成長期のお子様であっても痛みは出しません。

ではあなたのお子さんは、どうしてオスグットになってしまったのでしょうか。

 

1.人は付かれるとO脚になる。2.膝から下が外旋する。3.膝を守るため太ももの筋肉が過緊張しオスグットの痛みが出る。

人は疲れるとO脚になります。

その状態でトレーニングを続けた結果、膝への体重のかかり方がアンバランスになります。

そして関節がずれてしまうことにより、オスグットの痛みは起こっているのです。

 

更に下記のような要因も相まって身体の重心が崩れ、オスグットの痛みの原因となります。

オスグットを引き起こす5つの原因

1.小指側で地面を蹴る癖がついている

崩れたフォームで練習を繰り返した結果、膝を守る許容量が限界を超え、痛みを出してしまいます。

小指側で地面を蹴る習慣が付いていると膝の負担は増加します。

 

2.骨盤の高さが左右で違う

普段の姿勢が悪く体重のかかり方に左右差があると、片側の脚への負荷が増します。

負荷のある方は着地時に膝下の骨がずれやすく、オスグットの痛みを誘発しやすくなります。

 

3.他の関節の痛みや捻挫をかばって運動する癖がついている

オスグットの痛みが出る前に、踵が痛かったとか、捻挫した足首が痛かったなどありませんでしたか?

それでもプレーを続けるために痛みをかばって練習した結果、フォームが崩れオスグットの痛みを誘発している可能性があります。

 

4.練習量に対する筋力が足りない

子供はまだ発達段階なので、練習量に対して筋肉量が足りていない場合があります。

この場合も膝を守ることが出来ず、痛みを誘発してしまうことがあります。

 

5.正しい知識による適切なセルフケアができていない

「子供だから健康。子供だから歪みなんてないはず。」なんて思ってませんか?

重力が発生している以上、人には赤ん坊のころから歪みは発生しています。

身体の歪みはプレーや練習中にフォームの崩れとつながってしまい、様々なスポーツ障害に発展してしまいます。

身体は使いっぱなしではなく、適切なストレッチや使い方に対する知識を持つ事が必要です。

つまり…

オスグットの痛みは、こうして起こっていたのです。

注意!!対処法によっては、改善までに大きく遠回りをしてしまう可能性があります。

院長先生画像

今まであなたのお子様は、オスグットを改善するためこんな対応をしてきませんでしたか?

○電気を当てる

○ストレッチをする

○マッサージする

○スポーツを休んでみる

下記のような一般的な療法の場合、間違いではないものの決定打に欠けるものがほとんどです。

 

それは、これらの方法では『筋肉の疲労』には効果がでるものの、痛みの直接的な原因である『関節のズレ』を改善することができないからです。

例えば…

■ 電気を当てた場合

 

電気治療で解決するものは、直近の筋疲労のみです。

「今日は練習がハードで筋疲労が残った。」

「この筋疲労を次の日まで残さないために早めに解決しておこう。」

こういった考えで電気治療を行うことは悪い事ではありません。

アスリートやスポーツでご飯を食べている人なら、毎日でも練習後は電気治療を行い、疲労を溜めないようにするべきでしょう。

 

ですがオスグットの痛みは、直近の筋疲労により起こっているものではありません。

関節に対する負荷のかかり方がバランスを崩していることにより起こっているのです。

この関節の問題を解決しない限り、オスグットは解決できません。

 

 

■ ストレッチをした場合

 

これも上記と同じで、アプローチする対象が筋肉になっています。

オスグットの解消は筋肉に働きかけてもダメなのです。

関節に働きかけなければなりません。

膝に関わる筋肉の硬くなった部分を緩めてあげることは悪いことではありません。

ですので、オスグットの予防にストレッチをすることはお勧めします。

ですが、一旦全力でプレーできない程に痛んだ膝をストレッチのみで解決するのは難しいでしょう。

 

 

■ マッサージした場合

 

これもまた、筋肉に対してアプローチする手法です。

何度も書きますが、オスグットに対して筋肉にアプローチしてもその効果は弱いのです。

人にマッサージしてもらうことで自分では出来ない部分を緩めることはできるでしょう。

ですが筋肉が緩んでも、膝関節の接触面が不具合を起こしていればオスグットの痛みから抜け出すことはできないのです。

オスグット解消に必要なポイントは筋肉ではなく関節なのです。

 

 

■ スポーツを休んだ場合

 

スポーツを休むことは一定の効果があると思います。

使わなければ痛くないのは当然でしょう。

ですが、これには下記のようなデメリットがあります。

 

筋力が落ちるので、プレーに復帰しても練習についていけない

練習を休むことで膝への負担がなくなっても、関節のズレが治っていなければ 復帰してもすぐ痛んでしまう。

子供は自然治癒力が強いので、休息を充分とることで関節の問題が取れることもあるかもしれません。

ですが、チームの仲間から外れてしまう不安感やプレーの上達の遅れ、身体を鍛えたい時期に鍛えられないといった問題があります。

 

 

これらの方法に比べ、当院の施術は…筋肉への表面的なアプローチだけでは終わりません。

当院の施術は、膝関節の歪みや捻じれを直接解消するものです。

骨盤の歪みや足関節の歪み・硬さもチェックし、 必要に応じてそれらも整えていきます。

施術は10分から15分程で、痛みをほとんど感じないものですので安心です。

その結果当院では「部活を辞めずにすんだ!」という喜びの声を多数いただいております。

当院でオスグットが改善した方の喜びの声です!

治らないと諦めていたオスグッドがわずか15分程の施術で数日間痛みから解放されました

アンケート用紙

現在中3の娘は小5からバスケットボールを初め、中1の頃からオスグットに悩まされていました。中学の部活では練習量も多くほとんど休みもなく毎日バスケットボールに明け暮れていました。
痛みで思う様に練習できない時期も有り、かかりつけの整形外科や接骨院で診てもらいましたが
「痛みが激しい時は休んで下さい。」
「練習後は冷やして下さい。」
と言われるだけで特に治療法もないまま部活を休むのもいやがって無理をしていました。
やがて日常生活でも痛みがひどくなりレントゲンを撮ってもらうと剥離骨折をおこしかなり悪化している状態に。
それでもバスケットを諦める事ができずに毎日帰宅するとひたすら氷で冷やし痛みをこらえながら最後の大会までがんばり続けると決めている娘を見て、少しでも痛みを和らげて最後の大会には思いきりプレーさせてあげたいと思う様になりました。
人に聞いたり、ネットで検索をし、オスグットを扱う病院を捜しているうちに自宅からも通院できるこちらの江尻カイロプラクティックを見つけました。
最初はどこに行っても同じかな!?結局激しい運動をやめなければ治らないのかな!?とも思いましたが、江尻先生からは重症化したオスグット(剥離骨折)は 初めてですが、完治は難しくても必ず痛みは軽減できますと心強いお言葉を頂き、週に1度の通院で、2回目にはかなり楽になったとの事。
引退までの4か月通うことに決めました。
側で見ている限りでは「これで?」と不思議に思う程わずか15分程の施術で数日間痛みから解放されたり、痛みは有ってもプレーに支障がないまでに改善し、中学最後の大会は悔いなくプレーする事ができました。
オスグットは治らない。スポーツをするなら痛いのを我慢してやらなくては・・・と思っていたので江尻先生に出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。
娘も又、高校でもバスケットをがんばる意欲が沸いてきた様です。
今後もメンテナンスに通うことになるかと思いますのでよろしくお願いします。

川西市在住 O・Aさん 14歳 剥離骨折を伴ったオスグット

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

オスグットは治らないではなく治るんだとたくさんの方に知っていただきたいです

アンケート用紙

息子が中学に入学して部活動を始めてすぐの頃ひざが痛いと言いだしすぐ整形外科に行きました。診断はオスグットでした。
これといった治療もできないまま1年半ひざの痛みをがまんして部活を続けていました。
でもがまんも限界がきたようでひざが曲がらなくなり何か良い治療法はないかとさがしている時にこちらのHPを見つけオスグットを治してもらった子供さんの体験談を読みました。
初めて施術していただいた後ひざを曲げて屈伸している姿におどろきました。
もっと早く連れて来てやればよかったと後悔したくらいです。
今はひざの痛みもほぼない状態で部活を続けています。
オスグットは治らないではなく治るんだとたくさんの方に知っていただきたいです。

川西市在住 A・Fくん 13歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

このまま放置しておいて良いのかどうか分からない…でも、一体どうすれば良いの?まずは日常生活で押さえておくべき5つのポイントがあります。

ポイント1
親指の付け根で地面を蹴る意識を持つ

日常生活イラスト

人は疲労したり、強い相手や互角のレベルの相手と戦うことで焦ったり、嫌々練習したりするとフォームが崩れ、足の小指側に重心がのってしまいます。

日頃の練習では「疲れている時こそ正念場」と思ってください。

そして、地面を蹴るとき足の親指の付け根で蹴れているか、土踏まずに重心がのっているかを意識しながら練習して下さい。

皆さんがスポーツをする上で、やはり試合で勝ちたいとか上手くなりたいといった思いがあると思います。

実際の試合で互角の勝負になった時やとっさの動きというのは、練習で疲れてしんどい時の動きが出ると言われています。

練習で疲れてもフォームを崩さずいられれば、試合のとっさの動きも崩さず動けます。 日頃の練習でしんどくなってきた時に、この事を思い出して頑張りましょう。

 

 

ポイント2
ゲームや勉強をしている時も姿勢を崩さないよう意識する

日常生活イラスト

普段の姿勢が悪いと骨盤が歪みます。

その結果、膝にかかる体重に左右差が生まれてしまいます。

日頃の姿勢に気を付けることは、オスグットの予防に効果的です。

 

 

ポイント3
膝以外に痛みのある場合は早めに対応する

日常生活イラスト

膝以外にもどこかに痛みがあると、ついついそこをかばったフォームになってしまいます。

それらを早目に解消することで、次の痛みへと発展してしまう事を防ぎましょう。

 

 

ポイント4

正しい位置で膝を使う習慣を身に付ける

 

日常生活

オスグットの痛みが出ている子は、膝の働きに重要な働きをする足の筋肉の付き方が悪くなっています。

正しい位置で筋肉が働くように記憶させ、良いポジションで筋肉をつけることが必要です。

 

 

ポイント5
それでも駄目なら、プロに相談する

施術風景

当院では、オスグットの予防になるセルフケア指導も行っております。

ですが、セルフケアで治せる範囲を超えた痛みの場合、ストレッチ等だけでは痛みが取れない場合もあります。

その時はやはりプロに相談し、早目の対応をすることをお勧めします。

当院の施術は、ずれてしまった膝の関節を元の正常な状態に戻し、痛みの直接的な原因を解消していきます。

当院の施術で、オスグットの痛みを早期改善することが可能です。

当院のオスグット回復計画

一般的な方では約1ヶ月、週1~2回の施術を行い、全力でプレーできる状態を目指します。

1週目 1週間だけ運動を休むことがベストです。

この1週間で施術を2回行い、お子さんにはいったん練習をお休みいただきます。

 

その理由は、まずは一旦痛みのない状態を身体に覚えさせるためです。

オスグットの痛みが出る原因の一つに、筋力が練習に付いていけないということがあります。

ですのでいきなり練習に復帰すると、また身体が付いていけず、症状を繰り返してしまうことになります。

徐々に身体を慣らしていくことが大切です。

 

2週目 軽めの練習で、調整した膝を馴染ませていきます。

この週も施術は週2回。

 

軽い練習で慣らしながら、また膝の捻じれが起きていないかをチェックし、身体を作っていきます。

3週目 徐々に練習量を増やしていきます。

ここから施術は週1回になります。

 

徐々に練習量を増やしながら、膝の良い位置で筋肉とフォームが定まっていくようにしていきます。

4週目 いつも通りの練習に復帰できます。

身体が練習に慣れてきたところで、通常の練習量に復帰できます。

全力でプレーできるようになるまで1カ月の計画で施術を行い、ほとんどのお子様がこの目標を達成されています。

 

 

※ このような方は個別対応となります ※

・試合が近いから集中的に早く治したい

・チーム分けがあって今練習を休むとレギュラーが危ない

オスグットの痛みから解放されて、部活をめいいっぱい楽しめるようになりましょう!

オスグットの痛みから解放された仲間です!

  • オスグットが良くなった大阪の男の子
  • オスグットが改善した大阪の少年
  • オスグットが良くなった豊中の少年
  • オスグットが良くなった宝塚の少年
  • オスグットが良くなった猪名川の少年
  • オスグットが良くなった川西の少年
  • オスグットが良くなった猪名川の少年
  • オスグットが良くなった吹田の少年
  • オスグットが良くなった吹田の少年
  • オスグットが良くなった大阪の少年
  • 川西市からオスグットの痛みで来た少年
  • 吹田市からオスグットの痛みで来た少年
  • 池田市から来たオスグットで困っていた少年
  • 宝塚から来たオスグットの少年
  • オスグットが良くなった豊中市の少年

膝のセルフケア動画です

膝のおすすめセルフケア①

膝のおすすめセルフケア②

膝のおすすめセルフケア③

膝のおすすめセルフケア④

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

痛みやこりを根本から改善し元気で過ごしたい方は今すぐお電話ください。

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

072-752-8325

メールでのご予約はコチラ

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
2:00〜8:00

※ 木曜・日曜・祝日は休診となります。

アクセス

〒563-0056大阪府池田市栄町8-22 クリスタビル3F

阪急池田駅より徒歩5分・駐車場有り

詳しい道順を見る