腰が痛い時は安静が良いのか、運動した方が良いのか?

腰が痛い時は安静がいいんですかね?

腰が痛いから運動して鍛えたほうがいいんですかね?

 

腰痛に対する対処法として、これは日頃よく聞かれる質問です。

 

結論から言うとその状況によって違います。

どう違うかというと

 

ぎっくり腰など急性の時は痛くない姿勢で休むのが基本です

ぎっくり腰やヘルニアの痛みが出た初期などはセルフケアで痛みを取るには限界があります。

ストレッチや運動で治すという発想は捨てて安静が第1の薬となります。

仰向けやうつ伏せが辛ければ、痛い方を上にして横になりましょう。

大抵の痛みはゆっくり休んでいると軽くなってきますが、休むことで余計に痛くなる場合や、どういう姿勢でも痛みが改善しない場合はヘルニアが出てきていたり、お年寄りの場合は圧迫骨折の疑いもあるので病院を受診しましょう。

明らかに働き過ぎ、オーバーワークになっている場合も休む方が良いです

体を使い過ぎて疲労が取れず、寝ても痛みが回復しなくなっている状態でも休んで治すことがおススメです。

日頃よく働く方はじっとしていることが苦手な方が 多いので、痛いと

「体が弱っているからだ!」

とさらに鍛えて治そうと思いがちですが(男性陣に特に多いです)、それでは余計に回復を遅らせてしまいます。

体にはオンとオフが必要です。

疲労が 取れない場合は休息して腰痛を解消しましょう。

日頃の運動不足を自覚していて、別段腰痛になるような原因が思い当たらない人

こういった方は腰を支える筋肉が弱って腰を支えられなくなり腰痛を引き起こしている可能性が高いです。

腹筋、お尻周りの筋肉、背筋などが弱っていることが多いですが、やり過ぎない程度にウォーキングや自転車こぎなどを始めてみてください。

もちろんヨガや近くの体操教室に通ってみるのもOK.

健康のために頑張ろう!とあまり意気込まず

「気持ちいいなぁ」「血行が良くなって快適だなぁ」

と感じる程度に体を動かしてみてください。

 

女性に多いパターンとしては腹筋が弱くて前で腰を支え切れず、反り腰になってしまい腰痛に繋がっているケースは多くみられます。

このケースは中年以降すべり症という腰痛の原因になりやすいのでご注意下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

痛みやこりを根本から改善し元気で過ごしたい方は今すぐお電話ください。

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

072-752-8325

メールでのご予約はコチラ

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
2:00〜8:00

※ 木曜・日曜・祝日は休診となります。

アクセス

〒563-0056大阪府池田市栄町8-22 クリスタビル3F

阪急池田駅より徒歩5分・駐車場有り

詳しい道順を見る