頸椎ヘルニアではない首の痛み  変形性頚椎症

当院には変形性頚椎症の方も多く来院されます。

ヘルニアが出ていなくても首の痛み、腕のしびれなどの症状を出します。
7つある頸椎の椎間板の水分が少なくなってくるために支える力が弱まり椎間が狭くなってしまう加齢性の変形です。

 

来院される方は皆様
病院で検査したら何番と何番の間が狭くなってると言われて・・・
とおっしゃいます。

この変形が脊髄を圧迫すると頸椎症性脊髄症、神経根が圧迫されると頸椎症性神経根症と呼ばれるようになります。

 

症状は肩こりや首を動かすと痛いというのが最も多い症状ですが、肩甲骨まわりや背中の痛みも多いです。

動かすと痛いといった運動痛が主で安静にしているとあまり症状が出ません。
長時間の作業や同じ姿勢などでも症状が出ます。
酷い場合は首の痛みから頭痛や吐き気に発展する場合もあります。

 

検査ではX線検査により診断されます。
ですが加齢性の疾患ですので、他の頸椎疾患を併発している可能性があります。
痛みが強かったり、手足のがしびれたりする場合はMRIなどより詳細な検査をする必要があります。

変形性頚椎症のイラスト

変形性頚椎症のセルフケア

頚椎症の場合、

狭くなっている骨と骨の間を拡げて、神経に対する負荷を除去する方法が好ましいです。

 

1、腰より低い椅子の前に立ち、足を肩幅に開いて立つ

2、肘を椅子の上に直角に曲げて置き、腕を垂直にする

3、背中を丸め、軽く顎を引き、頭を床方向に牽引する。

頭の重さを利用して首を伸ばすイメージが大切

4、後頭部を包み込むように、片方の手で首を伸びるように押さえる。

その状態で30秒保持する

 

頭を下げる時間は30秒ほどにし、慣れてきたら1分を目安に行ってみてください。

頭に血が上らないように注意して、一日数回に分けて無理のない範囲で行ってみてください。

 

万が一、上記の方法で痛みが出てくる場合は

身体に合っていないやり方の為に痛みが出てくるケースがございますので

その場合は、すぐに止めて様子を見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

痛みやこりを根本から改善し元気で過ごしたい方は今すぐお電話ください。

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

072-752-8325

メールでのご予約はコチラ

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
2:00〜8:00

※ 木曜・日曜・祝日は休診となります。

アクセス

〒563-0056大阪府池田市栄町8-22 クリスタビル3F

阪急池田駅より徒歩5分・駐車場有り

詳しい道順を見る