頸椎ヘルニアの西洋医学的治療

頚椎椎間板ヘルニアによって出ている症状が 首や肩、腕の痛みや痺れの場合はまずは保存的療法から入るのが一般的です。

・安静を保つ
首・肩・腕に負担のかからない姿勢・生活を心がける

 

・装具療法
首に頚椎カラーをつけることで 首を安定させ、動きを制限する。
ただし長時間の使用は頚部の筋力が落ちてしまうので注意する。
ソフトカラー・・症状が軽い場合は 柔らかいソフトカラーを装着
ハードカラー・・顎を受けるタイプ。 首が過度に動かないように固定しながら重い頭をささえる。

 

・牽引療法
首を縦方向へ引っ張り、その状態を維持して骨の間を伸ばします。

 

・温熱療法
身体を温めることで 血行を良くして低下した筋肉の動きを回復し 炎症を抑えることを目的とします。

 

・運動療法
頚椎の安静を保つ必要はありますが、頚椎に衝撃が加わらないように 腕の機能訓練・歩行訓練・筋力訓練を行い、筋力が落ちることを防ぎます。

 

・薬物療法
鎮痛剤・MSAIDsの投与・筋弛緩剤・ビタミン剤・抗うつ薬などの精神安定剤が処方されることもあります。

 

・神経ブロック
局所麻酔剤を神経や神経の周囲に注射して 痛みを無くす治療法です。
痛みを誘発している伝達神経路をブロックします。

星状神経節ブロック・・・交感神経をブロックすることで痛みを緩和する
硬膜外ブロック・・・硬膜外腔に局所麻酔薬を注入して痛みを緩和する
腕神経叢ブロック・・上肢を支配している神経の元をブロックする
トリガーポイント注射・指で押すと痛みを感じる場所に局所麻酔薬を注射することで痛みを緩和する。
レーザー療法・・・星状神経節にレーザーを照射することで、一時的に交感神経の働きを麻痺させ、痛みを和らげる

 

頚椎椎間板ヘルニアによって出ている症状が 足の動き、歩行障害、肛門直腸障害など脊髄神経に関わる障害がでている場合は 症状が進行しますので、手術を検討することが必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

痛みやこりを根本から改善し元気で過ごしたい方は今すぐお電話ください。

エジリカイロプラクティックさかえ鍼灸院

072-752-8325

メールでのご予約はコチラ

受付時間 日・祝
9:00〜12:00
2:00〜8:00

※ 木曜・日曜・祝日は休診となります。

アクセス

〒563-0056大阪府池田市栄町8-22 クリスタビル3F

阪急池田駅より徒歩5分・駐車場有り

詳しい道順を見る